HOME>オススメ情報>ニュータウン開発や駅前再開発事業が進みました

何故注目されているのか

男女

埼玉県東南部に位置する越谷市。2019年時点における人口は約34万人ですが、2000年代に30万人を突破してからは増加傾向にあります。つまり、不動産取引も盛んに行われているわけですが、人気なのは東京都心部へのアクセスの良さが挙げられます。1960年代から大手私鉄路線が地下鉄と直通運転を行うようになってから、ベッドタウンとして都市化が急速に進みました。さらに1970年代前半に市の東西を走るJR線が開通したことで、埼玉県の中心部である浦和へのアクセスも向上しました。交通網の発達が大都市へのアクセスを良くし、その結果ベッドタウンとして発展し人口が増えたのです。そのため、越谷市の不動産価格も上昇しました。

大型ショッピングセンターの開業の効果

家とお金

埼玉県越谷市は中川や綾瀬川など、大小の河川と用水が流れるエリアです。水の豊かな地域ですが、同時に治水対策が課題になっていました。治水施設として大相模調節池を造成し、その周辺に商業施設や集合住宅や公園などを建設してニュータウンを形成しました。それが越谷レイクタウンと呼ばれるエリアであり、数多くの不動産物件が誕生しました。日本最大級のショッピングセンターが開業したことで、その周辺の人口も増加し、不動産取引も盛んに行われるという効果が出たのです。

市の中心駅周辺の再開発

間取り図

越谷市の中心駅は越谷駅ですが、レイクタウンの開業によって商業面や不動産面での影響が大きく出た時期がありました。しかし、2010年代前半に駅前再開発事業が実施され、いくつかのビル群の建設が行われました。その結果、駅周辺の空洞化に歯止めがかかる効果が出ました。そして、越谷駅の利用者も増加傾向にあり、不動産取引も盛んに行われるようになっています。単身世帯向けのワンルームマンションやファミリー向けのマンションなどの不動産物件が人気となっています。